所有者の名義変更手続き

所有者の名義変更手続き

登記の種類において、様々なものがありますが、ごくごく一般的には、その所有者の名義変更というのが一番私たちの生活にかかわってくる部分だとおもわれます。よく相続などで、親族から土地や建物を引き継ぐことになるのはよくあることです。

 

 

 

基本的にそういった手続きは、司法書士などに頼んだほうが確実ではありますが、自分でもできないことはありません。遠隔地などであまり司法書士がいない、見つからないというときは、自分で手続きを進める事が可能でしょう。最近はオンライン登録などもできますから、そういった部分でも遠隔地からの登録も簡単にできるようになっています。登記簿謄本を取り寄せ、その記載事実に誤りがないかを確認してから、また抵当権などの第三者の為の登記がないかなど、その権利関係についてしっかり確認しておきます。

 

 

 

そういった確認がすんで、問題がない場合は、住民票を取り寄せ、権利書と印鑑証明、実印、固定資産評価証明書、また贈与や相続があったことを証明する書面が必要です。

 

 

 

登記証明書の書き方は、その書き方の説明があるサイトがありますので、それを参考にして書いてみてください。なにかしら不備があったときなどは、法務局に出向く必要がありますが、ちょっと難しい部分もありますが、オンライン、または郵送でも名義変更ができるということは、忙しい皆さんにとってかなりの朗報と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

ただし、すこし複雑になっている物件についてはやはり専門家のアドバイスを乞うべきかもしれません。

 

 

所有者の名義変更手続き関連エントリー

不動産の約款
不動産の約款
宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者
REIT
REIT
不動産投資
不動産投資
不動産登記とは
不動産登記とは
借主とは
借主とは
仲介者がいると便利
仲介者がいると便利
契約内容の確認
契約内容の確認
建築確認証と検査済証
建築確認証と検査済証
不動産売買契約の注意点
不動産売買契約の注意点
不動産売買の重要事項説明
不動産売買の重要事項説明