物件探しは概要を決める

物件探しは概要を決める

最初に引っ越し、住まいや不動産の案件を検討するのに、まず自分の希望をはっきり箇条書きなどにしてまとめておくと、よりスムーズに物件を見つけることができるでしょう。

 

 

 

つまりは自分の住みたいエリア、間取り、家賃、アパートかマンションか。

 

 

 

賃貸なのか売買物件を探しているのかでコンタクトをとる不動産会社も違ってくるでしょうし、焦点のぼやけた部屋探しは、時間とお金にムダにもなりかねません。

 

すべてを最初に決めないでも、だいたいこれくらいまでと妥協範囲や賃料の限界を決めておくと、仲介業の方もそれにあった案件を紹介してくれるので、より候補が絞りやすくなっています。

 

 

 

同じ様に物件を探したことがある経験者に聞いてみたり、あらかじめその目的エリアの相場や安全、そして交通の便などをチェックしておくと、物件探しのときに役にたつでしょう。
また建物の築年数や何年契約なのか、間取りは使いやすく住む人数にあっているか、ペットOKな物件なのか女性なら夜道の安全確保など検討しなければいけない点は無数にでてくることでしょう。

 

最初にそういった条件面を書き出していって、できる限りその条件に近い物件があったらだんだん候補を絞っていきましょう。

 

 

 

実際に第一印象で決めてしまうのもありですが、そこに住み始めてから色々な難点が気になり出したら大変です。

 

 

 

敷金、礼金、不動産仲介料など部屋探し、物件探しは手数料がかかるものですからなるべく時間をかけて慎重に部屋を決めてみたいものです。

物件探しは概要を決める関連エントリー

近くにあると嬉しい施設やお店について
近くにあると嬉しい施設やお店について
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事
中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事
部屋以外の施設もチェック
部屋以外の施設もチェック
災害時のことを考える
災害時のことを考える
新築か中古か
新築か中古か
一戸建てか集合住宅か
一戸建てか集合住宅か
賃貸か、売買物件か
賃貸か、売買物件か
大体の家賃の相場を調べる
大体の家賃の相場を調べる
耐震基準
耐震基準
中古物件のチェックポイント
中古物件のチェックポイント
工事中からチェックをする
工事中からチェックをする
新築物件のチェックポイント
新築物件のチェックポイント
中古物件の探し方
中古物件の探し方
不動産会社の探し方
不動産会社の探し方