中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事

中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事

私は、宅建を取得しており、ファイナンシャルプランナーをしていることから、よく不動産取得に関しての相談を受ける事があり、ある不動産会社の中古住宅を購入するお客様から住宅ローンのご相談と契約の際の立ち会いのをお願いされました。

 

中古住宅というのは、現状渡しが基本で、瑕疵担保は付いていない事が多いので、まず、私が顧問をしている建設会社にお願いし、家を見てもらいました。

 

家自体にシロアリやアスベスト、耐震、傾きなどなく値段相応の建物との判断になりました。そして、契約の日になり、契約書締結を行いに行ったら、買主がガス会社に勤めている為、自分の会社からガスの契約を行うと言ったら、不動産会社がそれは出来ないと言われました。

 

 

 

そこで、法律上契約者が自由に選べるというのが当たり前と話すと、それでは、ガス給湯器を外すと言われました。

 

そこで、現状渡しが原則でそれでは契約できないと言うと、売主がつけたのではなく、不動産会社がガス会社に契約させると言って新しいガス給湯器を無料でつけてもらったと言って、自分で取り付けてくださいと言われました。

 

そしたら、売り主側が自分が出さないといけないのではないですかと言うと、不動産会社はガス会社を変えられるのが買主側なのでと言ってきました。そこで、契約をしなくて、後日また話しあう事になりました。

 

 

 

ガス会社に問い合わせを行うと、ガス会社は契約してもらえるなら、ガス給湯器も新しいのを付けて不動産会社にキャッシュバックしていると教えてくれました。

 

そこで、不動産協会の方に連絡を取り、確認して協会から不動産会社におかしいと連絡してもらい不動産会社の方の手だしと言う事で話がまとまりました。

 

後日、契約を締結して、手付金を支払いました。その後引き渡しと残金の支払いが終わり、不動産会社に手数料を支払いに行きました。そしたら、手数料に数万円上乗せされていました。

 

 

 

私は、宅建を持っている為、上限の手数料を知っていますので確かめると、間違ってましたと別な請求書をすぐに出してきました。知らないなら、払うと思ったのか、最悪の不動産会社でした。

 

 

 

不動産の中古住宅を購入する時は、契約書も家の状態も手数料なども全て細かくチェックしないと大きな損をする可能性があります。安いからなどより安心できる不動産会社を選ぶ方がいいと思います。

 

 

中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事関連エントリー

近くにあると嬉しい施設やお店について
近くにあると嬉しい施設やお店について
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
部屋以外の施設もチェック
部屋以外の施設もチェック
災害時のことを考える
災害時のことを考える
新築か中古か
新築か中古か
一戸建てか集合住宅か
一戸建てか集合住宅か
賃貸か、売買物件か
賃貸か、売買物件か
大体の家賃の相場を調べる
大体の家賃の相場を調べる
物件探しは概要を決める
物件探しは概要を決める
耐震基準
耐震基準
中古物件のチェックポイント
中古物件のチェックポイント
工事中からチェックをする
工事中からチェックをする
新築物件のチェックポイント
新築物件のチェックポイント
中古物件の探し方
中古物件の探し方
不動産会社の探し方
不動産会社の探し方