災害時のことを考える

災害時のことを考える

比較的災害時には、一戸建てよりも集合住宅のほうが耐震、免震性があるとはいわれているものの、今回の大震災で、自家発電機能のない高層マンションはエレベーターの停止などにより想像を絶する不便な生活を強いられたといいます。

 

 

 

倒壊を免れるのが最低限だとしても、その後のQOLが著しく損なわれてしまう高層マンションもやはり災害には強いとはいえません。また耐震、免震性があっても、想定では横揺れについては免震性はかなりあるといわれていますが、いままでに例がない想定外の揺れ、また大きな縦揺れに対してははっきりしたデータを得られていない部分も多く、やはりハウスメーカーのコストとして耐震、免震設備がより多く計上されるとしても、自然の驚異には想定外もあります。また阪神淡路大震災では木造の一戸建ての倒壊が多かったと言いますが、新耐震設計基準に則って建てられていない1981年以前の物件は倒壊のリスクが高いといわれています。

 

 

 

とにかく借りの住まい、賃貸なのだからということで、仮にそうした物件に仮住まいしたとしても、その時に大きな災害にあわないとも限りません。災害への備えは、まずその住宅探しから始まっているのです。非常階段や避難時の避難場所の確認をしっかりして、まさかの災害に備えましょう。確実に災害のリスクは高まっているので、売買で自分のものになっている場合は、損害保険などに加入しておくことも必要かもしれません。

 

 

 

また高層マンションでは自家発電システムがないと、高層階まで階段を使わないといけないので住むのは不可能ですし、地盤沈下や液状化のリスクのある土地は避けた方がいいでしょう。

 

 

 

 

災害時のことを考える関連エントリー

近くにあると嬉しい施設やお店について
近くにあると嬉しい施設やお店について
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事
中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事
部屋以外の施設もチェック
部屋以外の施設もチェック
新築か中古か
新築か中古か
一戸建てか集合住宅か
一戸建てか集合住宅か
賃貸か、売買物件か
賃貸か、売買物件か
大体の家賃の相場を調べる
大体の家賃の相場を調べる
物件探しは概要を決める
物件探しは概要を決める
耐震基準
耐震基準
中古物件のチェックポイント
中古物件のチェックポイント
工事中からチェックをする
工事中からチェックをする
新築物件のチェックポイント
新築物件のチェックポイント
中古物件の探し方
中古物件の探し方
不動産会社の探し方
不動産会社の探し方