不動産売買契約の注意点

不動産売買契約の注意点

もし実際に家を購入する場合には、不動産売買契約書というものを売り手側と交わすことになる。不動産売買契約書には、いろいろな条項が記載されていると思われる。そこで契約書にかかれている内容をきちんと見て、納得の上で署名・捺印をするといいだろう。

 

 

 

契約書の中には、これから売買することになる物件の面積や代金、引き渡しの時期といったことが記載されているはずである。ここで注意をしたいのは、面積についてである。

 

 

 

契約書にかかれている内容を見てみると、当初不動産会社から言われていた面積と違っている場合もある。このように当初業者から言われていることと話が違っている場合には、きちんと確認をとるべきであろう。

 

 

 

口頭で言われた場合と、契約書という形できちんと書類が残っている場合とでは、やはり物として残っている内容の方が重視される傾向がある。高騰の場合には結局言った言わないの水掛け論になってしまって、証明が難しくなってしまう。

 

 

 

 

不動産売買契約の注意点関連エントリー

不動産の約款
不動産の約款
宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者
REIT
REIT
不動産投資
不動産投資
所有者の名義変更手続き
所有者の名義変更手続き
不動産登記とは
不動産登記とは
借主とは
借主とは
仲介者がいると便利
仲介者がいると便利
契約内容の確認
契約内容の確認
建築確認証と検査済証
建築確認証と検査済証
不動産売買の重要事項説明
不動産売買の重要事項説明