契約内容の確認

契約内容の確認

まず不動産仲介業者などが間に入っていると任せて安心のような気がしてしまいます。特に書面の内容を読まずにサインをしてしまいがちですが、ちょっと待ってください。

 

 

 

書面にサインするということは、その契約内容に同意するということです。

 

 

 

そこには明確な言葉で契約内容がかかれており、サインをすることはその契約は有効ですよ、きちんとこの内容を理解して、契約を締結しますよ、という重要なプロセスです。あとで問題が起こって家主や不動産仲介業に泣きついても、この契約書のここに書いてあります、といわれれば裁判になっても勝ち目がありません。脅しやその他の不可抗力によって強制的にサインさせられたということが立証されない限り、その契約内容は守られてしまうということを肝に銘じておきましょう。人任せもほどほどにしましょう。

 

 

 

またその分手数料や心付けをあげているんだから、それくらいサービスしても当然だと思うのもやはり筋違いになるので、サインする前によく仲介業者などから説明を受け、しつこいくらいに内容を確認したほうがいいでしょう。やはり最後は自己責任ですし、書類に不備や付け足し事項があってもそれが銘記されていない場合では口約束でしかありません。

 

 

 

そうしたことを確認するためにも、契約書などはしっかり読みこんで、後でトラブルの元にならないように気を付けてくださいね。また、もし海外の物件を買う、または賃貸で利用する場合、日本語以外の言葉で書かれている場合は、しっかり理解できる様に翻訳を頼んで、契約内容の見落としがないかチェックしましょう。

 

 

契約内容の確認関連エントリー

不動産の約款
不動産の約款
宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者
REIT
REIT
不動産投資
不動産投資
所有者の名義変更手続き
所有者の名義変更手続き
不動産登記とは
不動産登記とは
借主とは
借主とは
仲介者がいると便利
仲介者がいると便利
建築確認証と検査済証
建築確認証と検査済証
不動産売買契約の注意点
不動産売買契約の注意点
不動産売買の重要事項説明
不動産売買の重要事項説明