選ぶポイント

選ぶポイントエントリー一覧

近くにあると嬉しい施設やお店について
賃貸物件を探す時に、あって便利な施設やお店とはどんなものでしょうか。それは単身者と家族がいる人によって違ってくるでしょう。単身者の場合でしたら、とりあえずはスーパーやコンビニ、そして内科など風邪の時に行ける病院や診療所が近いと便利でしょう。でも家族がいるということになると、子供の幼稚園や小学校、そして公園などが近くにあることが理想的です。子供が小さな時はいつ熱を出すか分からないということもありますので、安心出来る小児科が近くにあるということが理想的ですね。よく賃貸の物件のお勧めの項目には、スーパ...
住む部屋の方角へのこだわりは重要?
賃貸で物件を借りる時には、部屋がどちら向きかということがとても重要です。本来は南向きが人気ということがあるようです。日が当たりやすいということが理由なのは普通に考えると分かることですよね。しかしその分南向きの部屋の方が賃料が高いというようなことがあるのです。実際に日が当らない物件というものは人気が無いということもあるのですが、その分安い金額で借りることが出来るということもあるのです。賃貸を出来るだけ安い賃料で借りるということを重視している人は、南向きではない部屋を探すといいかもしれません。角部屋...
通勤や通学にちょうど良い距離が理想的!
通勤や通学に便利という賃貸を探すことは必要なことです。学生の場合は自分が住んでいるマンションやアパートと学校があまりにも近いと、仲間の集まる溜まり場のようになってしまうことがあります。そして社会人においても住んでいるマンションやアパートが会社から近いということになると、残業を多く言われることがあったり休日に仕事で呼び出されるというようなこともありますので、近すぎるということはあまり良いことではありません。学校や会社の最寄り駅から三駅以上先のところに住むことが理想的かもしれません。何度も乗換をしな...
中古住宅を買う時に気をつけた方がいい事
私は、宅建を取得しており、ファイナンシャルプランナーをしていることから、よく不動産取得に関しての相談を受ける事があり、ある不動産会社の中古住宅を購入するお客様から住宅ローンのご相談と契約の際の立ち会いのをお願いされました。中古住宅というのは、現状渡しが基本で、瑕疵担保は付いていない事が多いので、まず、私が顧問をしている建設会社にお願いし、家を見てもらいました。家自体にシロアリやアスベスト、耐震、傾きなどなく値段相応の建物との判断になりました。そして、契約の日になり、契約書締結を行いに行ったら、買...
部屋以外の施設もチェック
賃貸、また売買物件では共有スペースにどのような施設があるかも重要な決め手となることがあります。下層階や入り口付近にテナントが入っている例えばコンビニエンスストアや美容院などがあれば便利ですし、一戸建てなら庭があったり、または高級マンションならフィットネスジムにプール付き、という物件もあります。ですから自分の部屋よりも他につかえる施設があったら、その部分のチェックもしっかりしておきましょう。もちろん車を持っているのなら、その駐車場の確保もしないといけませんね。敷地内に駐車スペースがあればそのほうが...
災害時のことを考える
比較的災害時には、一戸建てよりも集合住宅のほうが耐震、免震性があるとはいわれているものの、今回の大震災で、自家発電機能のない高層マンションはエレベーターの停止などにより想像を絶する不便な生活を強いられたといいます。倒壊を免れるのが最低限だとしても、その後のQOLが著しく損なわれてしまう高層マンションもやはり災害には強いとはいえません。また耐震、免震性があっても、想定では横揺れについては免震性はかなりあるといわれていますが、いままでに例がない想定外の揺れ、また大きな縦揺れに対してははっきりしたデー...
新築か中古か
賃貸物件か売買物件か考えるときに、その築年数を考慮に入れることも大事です。昔に建てられた物件は一見安くて、またもしリフォームができるものであればお得のように見えるのですが、昔の建築基準で建てられているものはいまの安全基準にそぐわないものが多く、災害時などの特殊な場合、危険度が大きいです。また最新鋭のシステム、たとえばオール電化住宅や太陽光発電を導入したくても無理だったりするでしょう。もちろんそれぞれの物件にもよるのですが、特に最近は耐震性の問題や非常時のエネルギー供給、またエレベーターなどの足や...
一戸建てか集合住宅か
一戸建ての賃貸物件、また集合住宅の賃貸物件があったら皆さんはどちらを選ぶでしょうか。一戸建てのほうがプライベート感、そして庭なども自分好みに作ることができて、自分のスペースが確保されるのでいいでしょうか。また、集合住宅のセキュリティシステムやエレベーターシステム、そして暮らしやすさやメンテナンスの楽さを考えるとこちらにもメリットがあることに気付きます。最終的には自分がどういった環境で一番安心するかが問題です。もともと一戸建て住宅で育った人は、一戸建てが習慣上暮らしやすいでしょうし、部屋が多くても...
賃貸か、売買物件か
新卒で初めて就職するような方はまだ売買物件を検討するには早いのかもしれませんが、そろそろ仕事も落ち着いてきた中堅どころ、また子供が産まれていままでの賃貸アパートやマンションも手狭になってきたと感じてきた層は、必ず一度は考えるのが、賃貸物件のままにしておくのか、また住宅ローンを組んで自分の終の住処を買うかという選択に迫られるものです。一生のうちもっとも高い買い物だとされる住宅ですから、その決断は時間を要して当然ですが、あまりに判断が遅れると定年までの30、35年ローンが組めなくなる可能性があります...
大体の家賃の相場を調べる
お部屋の間取りやロケーションなど、ある程度の条件を絞ることができたら、次はインターネットなどで、自分の望む物件の検索をしましょう。条件はプルダウンメニューで多少選べるようになっている場合、または家賃そのものから選べるようになっているものなど様々です。駅から徒歩どのくらいで、築何年、そして間取り、部屋の設備や形状などを参考に、1件1件見て歩きましょう。やはり物件は見てから決めるのが一番です。主要なチェックポイントを逃さないようにして最後に決断するのが値段との割安感です。もちろんかなり払える家賃に余...
物件探しは概要を決める
最初に引っ越し、住まいや不動産の案件を検討するのに、まず自分の希望をはっきり箇条書きなどにしてまとめておくと、よりスムーズに物件を見つけることができるでしょう。つまりは自分の住みたいエリア、間取り、家賃、アパートかマンションか。賃貸なのか売買物件を探しているのかでコンタクトをとる不動産会社も違ってくるでしょうし、焦点のぼやけた部屋探しは、時間とお金にムダにもなりかねません。すべてを最初に決めないでも、だいたいこれくらいまでと妥協範囲や賃料の限界を決めておくと、仲介業の方もそれにあった案件を紹介し...
耐震基準
日本は地震が多い国です。先の大震災でも日本中が混乱に陥りました。家の耐震に関しては日本国民全員が強い関心を持っているのではないでしょうか。耐震に関することにおいては、1981年6月そして2000年6月に建築基準法が改正され、耐震構造に規定がなされました。2000年6月以降に新しく建てられた建物については、最も新しい耐震基準が用いられていますが、それ以前に立てられた物件については耐震されてない可能性があります。マンションなどの集合住宅はオーナーによって積極的に耐震対策がとられるようになっていますが...
中古物件のチェックポイント
中古の住宅でも良い物件はたくさんあります。新築で家を建てるより、比較的安い値段で家を手にすることができるとあって、賢い家の買い方だとも言えるでしょう。しかし、過去に誰かの手によって作られたものですから、新築の家を建てる以上にしっかりとチェックをしなければいけません。本当に良い物件なのかどうかを見極める力が必要なのです。そのチェックは、安全面からスタートしてください。外壁・内壁・土間などにひび割れがないか、すべてのドアがすんなりと開けられるか、横開きの窓を少し開けたときの上としたの隙間が同じかどう...
工事中からチェックをする
新築物件や分譲住宅などの場合は、建物の完成前に契約を結ぶことがあります。そういう場合は工事中の様子をしっかりチェックしてみてください。現場の様子で建てられる家の様子はどことなくわかってしまうものなのです。汚いキッチンで出されたお料理が、あまりおいしそうに感じられないのと同じだと思ってください。まずチェックしておきたいのは、現場の状態がきれいかどうか、道具などが整理された常態で保管されているかどうかというもの。現場責任者や職人さんなど、底で働いている人たちの関係がよく、みなが良い仕事をしようという...
新築物件のチェックポイント
新築だからと言って無条件にOK!という風には思わないでください。新築だからといっても、どんだ欠陥住宅であったりすることもあります。それでは新築物件のどこをチェックすればいいのかを考えてみましょう。まずは、売主である不動産会社が信頼の置ける会社かどうかということが一つのポイントになります。顧客目線で商売をしている不動産屋さんは、大切に思っている顧客に曰く付きの物件を売ったりはしないでしょう。次に、建物を建築した建設会社がどのような家を作る会社なのかをチェックします。値段が高すぎても困りますが、安す...
中古物件の探し方
家探しをしている人の中には、中古物件を探している人も少なくないかもしれない。新築物件と比較をすると、ほかの条件が同じであれば、中古物件の方が、より安く購入することができるからだ。人生の中で最も高い買い物とされているのが、マイホーム購入である。よって、安くできるのであれば、少しでも安くというのが多くの人の本音だろう。もし中古の物件を探すのであれば、インターネットを活用することをお勧めする。インターネットであれば、24時間好きな時間にチェックをすることができる。また休日でもインターネットで情報収集す...
不動産会社の探し方
良い家を見つけることができるかどうかについてであるが、不動産会社をどこにするかということが重要な意味を持ってくることが多いようである。よってまずは不動産会社をどこにするか、慎重に検討をするべきである。まずは、実際に店舗を訪れるのではなく、家の近くにある業者に電話などを使って、連絡を取ってみるといいだろう。そして相手の応対について、チェックをするわけである。もし相手が親身になって応対をしてくれれば、まずは信用することができると判断をしてもいいだろう。そしてこちらがいろいろな質問をしても、的確に返答...