物件の魅力

物件の魅力エントリー一覧

今流行のルームシェア
いまは若い人を中心にルームシェア、つまり部屋をシェアして家賃を浮かせるような住み方が流行しつつあります。もしワンルームを借りることしかできなくても、数人集まれば同じ家賃でゴージャスなマンションをシェアして使うことができるので、お得です。もし生活習慣がまったく正反対な人と住めば、例えば昼勤務と夜勤、週末しか利用しない人と週末はいない人などとシェアすれば、まったくワンルームでは不可能な物件でも住むことができます。もちろんそれによる問題も多いことは指摘されてはいますが、なによりも家賃が安く抑えられるこ...
家に関する希望をすべて書き出す
家探しをする時、意外とみなさん自分の頭の中だけでイメージをして、そのイメージにかなっているかどうかだけを重視される方が多いんです。しかし、それでは後になって大事な条件を忘れていたということになりかねません。あなたや家族が望むもの、そして譲れないものを箇条書きにして紙にまとめておきましょう。まずは、思いつくままにすべての要求を書き出します。南側にベランダが欲しい、2階以上じゃないと嫌だ、和室は一部屋だけがいい、学校まで歩いてすぐの距離がいいなど、あなたや家族が思いつく条件をすべて書き出しましょう。...
週末は見学デート
多くの皆さんが家探しの一番最初の段階にされることは、家探しの雑誌やインターネットなどを通して、希望の条件に近い物件を探すことから始められると思います。立地条件、家族の人数にあう間取り、築年数、ガス・水道などのライフラインの条件、間取りのデザイン、おすすめポイントなどを見比べながら、あっちが良いこっちが良いなどと家族で話し合いをする。誰の部屋をここにして、ここではみんなで食事をしてなどど、想像や妄想を膨らませているときが一番楽しいですよね。しかし、物件探しで絶対忘れてはいけないのは、「物件を実際の...
早めの行動がツキを呼ぶ!
家探しってなかなか難しいものです。自分の条件に合う物件なんて山のようにあるだろうと思いきや、意外とそうでもなかったり。例えば、社宅の契約が満了を迎えるとか、家族が増えて今の家が手狭になったなど、いつまでに新しい家を探さなければならないことがあります。そういうときは、引越しの準備をしなければいけないギリギリの時点で家探しをするのではなく、期間を逆算し、余裕持って早めに家探しをスタートされることをおすすめします。なぜなら、あなたの求めている条件に合う物件というのは以外に少なく、それならば長い期間をか...
家の音を聞いてみる
物件のチェック方法として、みなさんあまりなされない方法ですが、とてもシンプルでわかりやすいチェック方法があります。それは「家の音を聞いてみる」ということ。物件を訪ねたときというのは、目で見て、手で触ってみるということだけが重視されていますが、その家に住みながら何より強いストレスとなって表れるのは「音」なんです。水が流れる音、1階から聞く2階の音、周囲の音など。こういう音にじっくり耳を済ませてみてください。音を聞くためには、横になるのが一番です。床に直接横になってみて、さまざまな生活を想定して動い...
デザインばかり重視しないで!
最近では、住宅に対して、デザイン性が強く求められる傾向にあるように思います。一目では家の造りがわからないぐらいに細部までデザインにこだわっているような家であったり、西洋風の外観を強く意識して立てられている家であったりをたくさん見かけるようになりました。確かに家の外観や内装へのこだわりは大切です。一生までは行かなくても、長い間付き合うものですから、自分の嗜好にあうデザインのものが良いに越したことはありません。しかし、住宅というのは外観や内装のデザインがメインではありません。どれだけ住みよいのか、居...
掘り出し物の不動産物件
できれば、誰もが良い物件に巡り合いたいと思うだろうが、現実にはなかなかそうもいかない。運に頼って不動産屋に飛び込んでも、優良物件にはなかなか巡り合う事はできない。良い不動産物件と巡り合う為には、その不動産屋の得意とする分野や、特徴を知っておく必要がある。例えば、お得な不動産物件には、自社管理物件が多い。自社で管理する物件というのは、客からの人気が高い場合が多く、そして、自社で管理しているので、値引きなどの交渉にも応じてくれやすいのだ。逆に客付物件になると、こうした値引きなどは難しくなり、自社管理...
賃貸の新築物件はどこが魅力?
賃貸でアパートマンションを探している時に、時々、新築の文字が飛び込んでくることがあるだろう。古いよりも新しい物件の方が良いと誰でも思うだろうが、実際には単にキレイという事以外にも様々な点で新築は魅力ある物件なのだ。まずは、安全性の面。一昔前には、耐震偽装などの問題が大きく取り上げられましたが、新築であれば取り締まりも厳しくなり、安全性の面から安心ができるだろう。それから、室内環境、設備についてもここ数年で非常に快適な物件が増えてきている。部屋の広さ、間取りも、非常に工夫されている物件が増えてきた...
家の内覧
もしインターネットやチラシなどをチェックしていて、気になる物件を見つけることができたとする。その場合には、実際に家の下見をすることをお勧めする。内覧と呼ぶが、内覧をすることで、チラシなどではわからなかった家の情報をより詳細に知ることができるというメリットがある。間取りについては、間取り図がインターネットやチラシからでもチェックすることができる。しかし間取り図通りでないことも最近では多くなってきているようだ。それは、前に住んでいた住人が、リフォームをしていることが増えてきているため、間取り図が当初...
不動産業者とメール
最近では、多くの不動産業者が、自前のウェブサイトを開設していると思われる。そこで、別に店舗に行かなくても、自分の住みたい家探しをインターネットを通じてチェックすることもできる。よって、自宅から、ちょっとした空き時間を活用して、物件情報を入手することができるわけである。そしてもし気になる物件を見つけることができたら、その物件を掲載している不動産業者とコンタクトをとることになる。現在では、業者とのコンタクトの取り方であるが、メールを使ったやりとりが主流になってきている。そこで、メールを送信した際に、...