不動産に関する契約

不動産に関する契約エントリー一覧

不動産の約款
個人の不動産、つまり土地や建物を売買したい場合は、約款が大事になります。土地の売買において約款を設定する必要などはありませんが、土地の使用、もしくは不動産の諸規則などを定めたいというときは約款の存在が効果的にはたらくかもしれません。法律的には約款の作成は必ずしも義務づけられてはいませんが将来のなにかしらの問題が起こってくることを避ける方法として、また問題が起こったとしても書面で権利関係などを明白にしておくことによって、その問題を避ける、または有利に運ぶことができるものです。また土地の再版などを許...
宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者は、一般にもかなり認知度の高い資格となってきています。宅地建物取引業者、つまり不動産会社として宅地建物の売買、または交換、賃貸契約の成立の際の橋渡しをする仕事であり、その仲介をすることによって仲介料をとるのが不動産会社としての仕事ですが、その重要事項等の説明をしたり、双方の合意を取り付ける責任を負ったりするのがこの宅地建物取引主任者の仕事です。不動産会社にはそうした事務所を構える場合、5人に1人の割合で宅地建物取引主任者を置かないといけない法律があるので、不動産業に従事する人の...
REIT
REITはReal Estate Investment Trustの短縮語になり、おもに不動産投資信託のことを指します。日本でもJ?REITという投資信託もあるので、日本にいる場合は、J-REITなどに投資するといいでしょう。一つの金融商品として考える事が可能で、投資法人に資金を投資することによって、そのオフォスビルや小売店鋪、建物の運用を任せてその賃料、売却などからのリターンを投資者に収益を配分するような仕組みになっています。その建物の収益を左右するのはそのマネジメント会社次第ともいわれており...
不動産投資
最近の投資ブーム、自分で自分の資産を増やして将来の資金にしようという動きが非常に盛んです。一時のバブル経済のように転売してその利益を得るという方法ではなくて、地道に不動産経営などで生計の足しにしたいと考えるような、サラリーマンの副業的は不動産投資が増えているのです。そしてマンション投資やその他のアパート経営など、中古物件をリフォームしてよりその価値を高めたり、アパートの空室リスクを減らす取り組みをしていたりなど、そのやり方によってかなり収益に差が出てくることがあります。その不動産を売買するという...
所有者の名義変更手続き
登記の種類において、様々なものがありますが、ごくごく一般的には、その所有者の名義変更というのが一番私たちの生活にかかわってくる部分だとおもわれます。よく相続などで、親族から土地や建物を引き継ぐことになるのはよくあることです。基本的にそういった手続きは、司法書士などに頼んだほうが確実ではありますが、自分でもできないことはありません。遠隔地などであまり司法書士がいない、見つからないというときは、自分で手続きを進める事が可能でしょう。最近はオンライン登録などもできますから、そういった部分でも遠隔地から...
不動産登記とは
不動産登記とは、土地や建物の現況と権利関係を公示するために作成された登記簿に登記することで、土地と建物にそれぞれの権利があり、不動産登記は、民法や不動産登記法、または政令などによって規律されることとなります。不動産登記は、法務局によって行なわれ、その届け出が必要となります。登記簿は、登記所によって管理されており、その内容はブックシステムからコンピューターシステム化して、検索や修正などがかなり簡単になっています。そしていまではオンライン申請さえもできるようになっていて、業務がかなり効率化されていま...
借主とは
家主などの貸主がいれば当然借主がいます。そしてその家主にとってはできる限り貸し倒れのないような人を借主に選びたいですし、また借主の属性も気になるところです。賃貸用不動産ならば、そのリスク管理をもしっかりしたいですね。借主の属性としては、一番リスクが高い借り主は店舗、次に事務所、最後に住居になります。これらは一般論ですが、店舗でもその営業内容によってリスクの高い、低いはあります。飲食業などは火を使うので火災リスクがありますし、ブティックなどは、ある程度固定客がいないと経営が難しいところがあります。...
仲介者がいると便利
今は仲介手数料を払わなくていいことから、賃貸物件などのオーナーが自らインターネットの不動産サイトなどに広告を出して、賃貸入居者を募ることもあります。そうしたところは、借り手のほうも仲介手数料を払わないで借りることができるので非常に格安感があり、便利に見えます。でも本当にそれでいいでしょうか。問題が起こった時は?最初の話とは違うところが出てきたら?そもそも契約書自体存在しなくていきなり立ち退きを迫られたりしたら?非常に困るし、急な引っ越し費用の負担も時間をつくるのも大変です。もちろん良い大家さんに...
契約内容の確認
まず不動産仲介業者などが間に入っていると任せて安心のような気がしてしまいます。特に書面の内容を読まずにサインをしてしまいがちですが、ちょっと待ってください。書面にサインするということは、その契約内容に同意するということです。そこには明確な言葉で契約内容がかかれており、サインをすることはその契約は有効ですよ、きちんとこの内容を理解して、契約を締結しますよ、という重要なプロセスです。あとで問題が起こって家主や不動産仲介業に泣きついても、この契約書のここに書いてあります、といわれれば裁判になっても勝ち...
建築確認証と検査済証
家を購入する際に必ず確認していただきたいのは、「建築確認証」や「検査済証」という書類があるかどうかです。まず「建築確認証」とは何かを説明しますと、これは建築前の図面や書類が建築基準法に即した建物かどうかを審査し、問題ない場合に発行される証明書です。建築の計画に違法な部分がないかどうかを、官公庁や民間の確認申請期間でチェックしてもらうのです。「検査済証」というのは、建物が完成した時点で行う検査で、必ず行わなければならないものです。法にのっとって作られているのかどうかのチェックが行われます。問題がな...
不動産売買契約の注意点
もし実際に家を購入する場合には、不動産売買契約書というものを売り手側と交わすことになる。不動産売買契約書には、いろいろな条項が記載されていると思われる。そこで契約書にかかれている内容をきちんと見て、納得の上で署名・捺印をするといいだろう。契約書の中には、これから売買することになる物件の面積や代金、引き渡しの時期といったことが記載されているはずである。ここで注意をしたいのは、面積についてである。契約書にかかれている内容を見てみると、当初不動産会社から言われていた面積と違っている場合もある。このよう...
不動産売買の重要事項説明
家探しをして、自分がこれと決めた物件を購入することになったとする。この時、先方との間で、不動産の売買契約を交わすことになる。不動産の売買契約を結ぶ前に、重要事項説明という作業を行わないといけないことになっている。重要事項説明は国で定められているやらなければいけない行為で、しかも宅地建物取引主任という資格を持っている人でないと説明をすることができないことになっている。重要事項説明では、これから購入することになる家についての重要と思われる事項について、説明が行われる。しかしいきなり説明を受けても、素...