建築確認証と検査済証

建築確認証と検査済証

家を購入する際に必ず確認していただきたいのは、「建築確認証」や「検査済証」という書類があるかどうかです。

 

 

 

まず「建築確認証」とは何かを説明しますと、これは建築前の図面や書類が建築基準法に即した建物かどうかを審査し、問題ない場合に発行される証明書です。

 

 

 

建築の計画に違法な部分がないかどうかを、官公庁や民間の確認申請期間でチェックしてもらうのです。「検査済証」というのは、建物が完成した時点で行う検査で、必ず行わなければならないものです。法にのっとって作られているのかどうかのチェックが行われます。

 

 

 

問題がなければ検査済証が発行されます。建築確認証や検査済証がなければ金融機関の融資をうけられないケースがあります。

 

 

 

ですから、リフォームをしたくてお金を借りたいという場合でも借りられないのです。ただ、20年以上前までは検査済証のある物件は3割程度しかなく、そのため現在売られている中古物件のなかには検査済証のない物件が多いということも覚えておくといいでしょう。

 

 

建築確認証と検査済証関連エントリー

不動産の約款
不動産の約款
宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者
REIT
REIT
不動産投資
不動産投資
所有者の名義変更手続き
所有者の名義変更手続き
不動産登記とは
不動産登記とは
借主とは
借主とは
仲介者がいると便利
仲介者がいると便利
契約内容の確認
契約内容の確認
不動産売買契約の注意点
不動産売買契約の注意点
不動産売買の重要事項説明
不動産売買の重要事項説明